取扱商品【クドア試薬・貝化石・その他】

藻類培養液KW21

調合の手間を省き、高い増殖を提供

1.藻類培養液KW21の使用目的と特徴
KW21は、主に栽培漁業に於いて幼魚や二枚貝の飼料となる微小藻類を培養するために用いられます。KW21が開発されるまでは、当社のたから培養液や自家調整された培養液が用いられてきました。しかし、たから培養液は本来海苔の糸状体用の培養液であり、微小藻類の培養専用ではありませんので、微小藻類の培養に最適とは云えませんでした。また、培養液を自家調整する場合は、窒素、リン、従量金属類、ビタミン類など多くの成分を調合する必要があり、手間が掛かりました。KW21は、培養液の調合の手間を省き、藻類の高い増殖を提供するものです。

 

【KW21の特徴】
  • 藻類培養液KW21は、各種栄養塩を吸収しやすい形で一液化していますので、面倒な培養液調合の手間をとらせません。
  • 複合アミノ酸・複合ビタミンを使用していますので、安定した増殖を行うことができます
  • 珪藻増殖後のピーク濃度を長く保持しますので、使いやすく安心です。
  • 海苔糸状体用「たから培養液」よりも微小藻類の増殖性能が高く、また「たから培養液」の約2倍の高濃度調整剤になっています。
2.対象藻類
培養できる藻類の種類 藻類の利用のされ方
浮遊珪藻(キートセロス) 2枚貝、ウニ、ナマコ、エビの餌
付着珪藻(ナビキュラ・ニッチア等) アワビ、ウニ、ナマコの餌
ハプチ藻(パブロバ・イソクリシス等) 2枚貝(真珠貝を含む)、エビ
プラシノ藻(テトラセルミス) 2枚貝、魚類の餌
真眼点藻(ナンノクロロプシス→海産クロレラとも云う) 魚類の餌になるワムシの餌
緑藻*(アオサ・ウミブドウ) 貝類の餌、食用
褐藻*(ワカメ・モズク) アワビの餌、食用
*緑藻・褐藻類の培養では、餌料となるものだけではなく、一般の食用の培養においても、主に遊走子培養期間にKW21が使用されています。

3.KW21の使用方法
  • 海水1Lあたり下表のKW21を添加してください。
    (注)KW21は、基本的に2000倍程度に希釈して使用する設計となっておりますが、培養する藻の種類や培養条件により最適濃度は多少変わります。特に元種の保存培養では、長期間維持のため1000倍で使用されている場合が多いようです。
  • 珪藻の培養には、メタ珪酸ナトリウム、または水ガラスを併用してください。
  • 一度開封したものは、使い切ってください。(もし残した場合は冷蔵し早めにご使用ください)
  • 今までたから培養液をご使用の方は、添加量をたから培養液の1/2量にしてください。
  海水1Lあたり
KW21 メタ珪酸ナトリウム
浮遊珪藻 0.5ml(0.5〜1.0ml) 45mg(30〜90mg)
付着珪藻 0.1ml(0.05〜0.1ml) 45mg(30〜90mg)
ハプト藻・プラシノ藻 0.5ml(0.3〜0.1ml) ---
(注)メタ珪酸ナトリウム、水ガラスは、珪藻類の細胞壁を構成する必須栄養分ですが、他の藻類には必要ありません。

4.補足(海水添加後のバクテリア繁殖について)
「KW21」は、各種ビタミンやアミノ酸を配合した総合培養液です。
豊富に含まれるビタミンやアミノ酸は、またバクテリア類の栄養源にもなります。培養に用いる海水にある程度以上のバクテリアが含まれていると、藻類が増殖する前にバクテリアが増殖し、海水の白濁などを引き起こす場合があります。このケースでは、使用海水のろ過、加熱または殺菌による清浄化をお薦めします。

5.包装形態
1Lポリ缶×6本(段ボール詰め)
10Lポリバッグ×1ケース(段ボール詰め)


第一製網(株) http://www.seimo.co.jp/
品 名 内容量 形態 入数Kg
餌料藻類培養液 KW21
1L×6
 
餌料藻類培養液 KW21
10L
餌料藻類培養液 KW21
1L